英語の反意語、類義語やニュアンスの違いを調べるのに便利な3つのサイト

dictionary
こんにちは、みこたです。

今日は、ちょっと趣向を変えて「英語の反意語、類義語やニュアンスの違いをどうやって調べるか?」について書こうと思います。


というのも、英語を勉強していて思うのは、あることを英語で表現したくて辞書を引くと、たいがいの場合、複数の単語、複数の言い回しが見つかるじゃないですか。

しかも、どれも全く同じ意味なわけではなくて、ニュアンスとか使いどころが違っているわけで、そうすると、TPOに応じで適切な(というか可怪しくない)表現をしたいと思うわけじゃないですか。


だけど、そういうの、「こういう場合は、こう表現すべき」って辞書には載ってないじゃないですか。だから、反意語や類義語やニュアンスの違いを調べて、自分なりの適切な表現を見つけるしか無いんですよね。

もちろん、もし、マンツーマンで教えてくれる先生とか、ネイティブの彼女をお持ちであれば、そんな必要はないですけどね。

なぜ、わざわざこんな事について書こうと思ったかというと、例えばWeblioとかのオンライン辞書で、反意語、同義語や例文は簡単に探せるんですが、それでは物足りないんです。

どういう事かというと、例えばWeblioでdelayの類義語を調べると、10個ぐらい見つかるんですね。すごい情報量です。でも、知りたいのは、どういうニュアンスの違いがあって、その時々でどの単語を選択すべきかなのです。

また、例えばYahoo知恵袋などを検索すると、反意語とかニュアンスについて詳しい解説を得ることができるときがあります。僕もよく利用していますし、お世話になっています。でもね、やっぱり「ほんとかいな?」ってたまに思うときがあるのも事実なんですね。

前置き長いですよね?ごめんなさい。では、ここまで読んで、「そうそう」と思われた方に役立つサイトを3つ紹介しますね。

http://thesaurus.com/



このサイトでは、任意の英単語の同義語、類義語、反意語を検索できます。このサイトのよいところは、見つかった類義語、反意語を簡単に重み付けして表示できる(ソートできる)ことです。

ソートには、「Common」(よく使われる単語だけを表示する)、「Informal」(くだけた場面や口語でしか使わない単語だけを表示する)、「Complexity」(複合的な意味を持たない単語、もしくは、持つ単語を表示する)のように幾つかのオプションが選べるのでとても便利です。

http://forum.wordreference.com/


このサイトでは、英語学習者同士の英語によるQ&Aを参照できます。例えば、English definition を選択して”postpone opposite”などと検索すると、The opposite of postpone? [prepone?] というdiscussionが見つかると思います。これをクリックすると「"The meeting has been brought forward ..."がいいんじゃない?」と言った回答を得ることができます。

このサイトのいいところは、発言者の所在地、母国語、年齢などが分かるところです。発言しているのが、インド人であれば、「ああ、これはインド英語だな」とか、イギリス人であれば「イギリス英語ではこう言うのね」などと推測できるからです。また、若者の発言か、年配の方の発言かでも、微妙に言い回しが変わってくるのでニュアンスを掴むのに参考になると思います。

http://forum.thefreedictionary.com/search.aspx


このサイトも、上のと同様の種類の掲示板です。また、同様に、発言者の所在地も表示してくれるので参考になります。でも、使いやすさでは、前述の掲示板の方がうえかなと思います。

フォーラムから検索するときは、そのサイトの検索を使うこともできるけど、やっぱりgoogleの検索を使う方が手っ取り早いよね。そういう時はgoogleカスタム検索を使ってこんな風にしておけば便利だよ。

前述のふ2つのフォーラムから検索するのを作ってみたので使ってみて。例えば、”postpone opposite”って入力して検索ボタンをクリックするんだよ。



サ~ンキュ~! Supertrooper
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...